Q16.任意後見人の仕事は、いつから始まりますか?

A本人の判断能力が不十分になった時からです。具体的には、家庭裁判所が、任意後見人を監督する立場の任意後見監督人を選任した時からこの契約の効力が発生します。そして、任意後見監督人の監督の下で、任意後見人はこの契約に定められた仕事を始めることになります。