Q6.成年後見人、保佐人、補助人は、誰になってもらえますか?

A.成年後見人等は、家庭裁判所が選任します。成年後見人等は本人に対して権限をもち保護する立場にあるため、欠格事項(なれない条件)がありますが、特に資格は必要ありません。

 申立てる人が、候補者を選ぶこともできます。しかし、家庭裁判所の判断により、その候補者が成年後見人等とならないときもあります。また、必要に応じて複数の人や法人を選任することもあります。